2006年07月31日

ブログの言論の自由

言葉の性質という観点から言論の自由について考えてみる。

 そもそも、言葉というのは発信者が意図したとおりに、受信者に伝わるわけではない。自分が意図しない解釈を受信者がする可能性がある。

 なるべく、表現の自由(が憲法で定められている限り)は「公共の福祉」に反しない限りで認められるべきだけど、意図して悪意のある表現をするのは良くない。ただ、言葉の性質上、自分の思ったとおりに解釈してくれない場合は、悪意がある解釈をされてもしょうがないと。

 ブログという特質な空間であっても、言論の自由の例外ではない。

 ただし、ブログの場合は、不特定多数が見ることができるのに、他人の手で推敲されるということがほとんどない。テレビの場合(不特定多数に対して影響がある)、多くの人が携わって、誹謗中傷が可能な限りないようにしている。表現に気をつけている。 (バラエティは例外もあるけれど) 
 ブログは、自分の判断に依存するので、受け手の反応は発信してから(不特定多数に送信してから)でないと、分からない場合がある。もちろん、誰かに事前に見せるという対策も取れるけど、滅多にしない。

 言葉の性質とブログの性質上、テレビなどの他のメディアよりも、個人の侵害が起きやすいのかな・・・。危険性を認識した上で、ブログで意見を自由に述べなさいということで。
posted by cloud at 23:42| 静岡 ☁| Comment(29) | TrackBack(7) | ブログの言論の自由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館指定管理者制度

とりあえず、自分は図書館指定管理者制度に賛成。

なぜなら、図書館のサービスが向上することが(本当かどうか疑わしい部分もあるけど)、図書館指定管理者制度の最大のメリットなわけです。民間orNPO委託だからできるサービスの展開の可能性に期待したい。

 例えば、それこそ、「本離れが叫ばれている」という実態を解消するような、「図書館にある面白い・為になる本の紹介サービス」とか、「ボランティアを招いて子供への読み聞かせサービス」の提供もできるかもしれない。

 という観点から、図書館の指定管理者制度に賛成。
posted by cloud at 23:13| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 図書館指定管理者制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パブリックコメントの意義と限界

エントリーラッシュもおさまった。
でも、cloudは終わらない^^;

今回はパブコメの意義と限界。

* 意義

 まぁ、理想は、「政策決定に関われる」ことなんでしょうけど。結局大筋は決まっている。第一印象でいえば、大筋の政策決定に関わることができるというのが意義だと思っていた自分。大筋を決めさせるわけないですよね。。。

 大筋が決まっているとなると、パブコメの意義は「政策決定(微調節)に関われること」になる。次の、環境省のパブコメも、大筋は決まっている。 環境省のパブコメ
法改正のどの部分を変えるのかは決まっている。具体案をパブコメで募集している。


* 限界

 結局は市民次第
 市民の認知・関心の高さ、前提知識がパブコメの質に関する限界。上の環境省パブコメは、前提知識を補おうと同じページ内に、パブコメに関連のあると思われるニュースとか用語解説ページへのリンクが貼ってあった。

 前提知識を補おうとしているとなると、最終的には市民の関心の高さと意欲に依存しているということになるのかな?
 まぁ、パブコメページに行こうとするのかという所で既に、パブコメの数は決まっていると思いますが。。。
posted by cloud at 22:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パブリックコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民の電子議論の場 構成員

エントリーラッシュに便乗第2弾。
評価されない可能性は承知しております。
でも、書かないよりも書いたほうがマシかもしれない、ということで書かせていただきます。

市民の電子議論の場第1弾。(第2弾が書けるかは時間次第。)
一度同じ内容のエントリーをしたのですが、リンクが間違っていたので、再投稿します。


1.市民(=自覚した大衆)の育成
 ガバナンス論最後の授業で影響を受けたことは、否めないです。
 市民なくして市民電子的議論の場などありえない。議論の場を作る前に、まずは市民の育成が必要なのでは??
 いくら、管理者・運用の仕組みをうまく作っても市民がいなければ参加者が増えるわけがないし、活発な議論は望めない。
(授業で教員が話していたのですが、比較的うまくいっている藤沢市・大和市は市民が育っているためにうまくいっているのだとか)
 
 議論の場作成第一段階として、大学等の教育機関・会社などの法人・役所などの公的機関にてほぼ強制的に「市民育成教育(なるもの)」を実施して、市民を育てる必要がある。まずは、参加者要素を持つ大衆の当事者意識・問題意識・関心と認知の向上が大前提!!願わくば、市民に昇格。


2.参加者は誰だっ!!(管理者除く)

 * 市民はどこまで?

う〜ん、難しい問題です。○○市の電子的議論の場という場合は、○○市住民はもちろん参加OKなわけです。
しかし、○○市外の人は??(もちろん、閲覧はOKにすべきでしょうけど。)
部外者と言われてしまえばそれまでですが、××市では、○○市の抱えている問題はこういう風に解決しているよ、という提案をすることも可能なわけですよね。

部外者を許可して、逸脱行為が見られる場合は、参加権を剥奪という風にすればOKかなぁ・・・。

 * 市職員の参加

まず、なぜ市民の電子的議論の場を設けるのか! 街を快適な生活空間に変えていきたいからですよね。
となると、まちを変える権力を持つ(と思われる)市職員の参加が欲しいと、個人的には思うわけです。
平凡な意見で申し訳ないですけど、市民の議論を市職員(市の政策決定に直接的影響力・権力を持つ人)が見ていると自分の意見が届いているということに議論の価値を見出せるので、市の職員の参加は必要かなぁ。

3.管理者の条件
 gtp-mikanさんのエントリーのコメントより「上手いナビゲート」
 KAZさんのエントリーのコメントより「中立の立場」
 が、活発な議論を生む必須条件。
 
う〜ん、誰がナビゲート上手いとか、中立と判断するかが難しい。
 まぁ、NPO もしくは 市民ボランティアが、管理者をしながら勉強して技術を身につける・・・、のがいいかな。
posted by cloud at 22:11| 静岡 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 市民の電子議論の場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタル技術はアナログ世界の補助ツール

まずは、日記。
今日はたぶんたくさんエントリーすると思われます。(^_^;)
土曜日に、バイト先の人と少しはなしをして、ちょっと考えた。

バイト先の人は、「インターネットやPCによって本(冊子)はなくなる」と考えているみたいです。

でも、自分は、なくならないと思った。
(もちろん、一部は移行するというのはあるけど。)

なぜならば・・・

1.信頼性
 個人レベルの発信が可能ということは、情報源は何?第一印象だけであたかも決め付けていないですか?と情報源・内容が洗練されていない可能性もある。
 それに、電子世界では他人になりすまして、書くことも可能。(法的に問題はありますけど^^;)
 本や新聞(これは廃止の可能性あり??)の冊子・紙メディアは、多少難癖あれど信頼されていると思われる。(誰がその記事を書いたか、本を書いたかというのが分かっている。)
 インターネットの電子世界はまだ信頼が確立されていない。
 だから完全移行は無理かなと。

 もちろん、ブログ小説なるフィクション・ファンタジーものは、情報源はあまり重視されないですけど。どのみち、どんな本(内容)かによって、インターネット上でも通用するか、否かが決まるのかな。
やはりニュースは、ある程度洗練された技術・訓練をしないとかけないと思う。色々な事柄の解釈にしても、(自分のような一般人、平凡で素人が考える解釈を公式な場では発表できないですし。どんなに素晴らしい指摘でも。)

2.危険性
 もしも、読取装置がなくなったら・・・、という危惧。電子機器の情報は直接目に見える形で存在するのではなく、読取装置と出力装置によって人間が認知できる形で存在している。
 つまり、その装置に依存するということは、何かの機会で装置を紛失したらその装置で取り込んでいた情報を知ることができなくなってしまう。
 つまり、完全にデジタル世界に移行するということは、読取装置・出力装置がなくなればそれで終わりという危険性を持っている。研究者の誰かはそのことを危惧して、なくすことはないでしょう。(という推測) 

 
 電子機器は、アナログ世界でしなければならない処理を補助するための手段でしかないと自分は考えます。
 PCやインターネットがなくても、アナログ世界の処理をすることは可能です。今流行の、情報共有だって、電子機器の特権ではない。
 アナログ世界という現実世界が大前提にある。デジタルが作り出す世界というのは現実世界を補助するのであって、デジタル世界が単独で存在しているわけではない。
 ただ、電子機器のほうが、高速で効率的というだけ。
結局のところ、PCやインターネットに代表されるデジタル技術・電子技術というのは、アナログ世界の処理を高速で効率的に処理するための補助ツールでしかないと思うのです。
デジタル世界が肥大しても、アナログ世界(現実世界)はなくならないですし。
posted by cloud at 18:38| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

NHKの経営のあり方

 個人的に、NHKを民営放送にするあり方よりは、今までどおりの受信料による財源による経営で、経営形態を変更する形でNHKのガバナンスのあり方を変えていくのが理想なのかな?と思う。


まず、民営放送化に反対する理由。
 1. NHKにしかできない、しかやらない放送がある
 台風情報、地震情報などの災害情報は、NHKが積極的に報道してくれます。
しかし、民営放送は特定の時間帯にしか放送してくれない。被災地で、ラジオで災害情報を得る場合、ずっと災害情報を提供してくれるNHKのような存在がいると、常に情報を提供してくれるという安心感がありますよね。

 2.視聴率を気にしなくても良い放送をすることができる
 実態はそうでもないみたいですけど・・・。
理想の上では、視聴者配慮の名のもとに、ドキュメンタリーチックなニュースや、勧善懲悪・善悪の二分法による番組になることを避けられるはずなのですが・・・。
などなどなど。民営放送ではないからできる放送ができる。



では、どの様に経営を変えていくのか・・・。
問題1:受信料
 
 高い!!と個人的に思います。
 テレビ&ラジオの家庭、ラジオのみの家庭で同じ受信料というのは不平等!!だし。
 テレビ・ラジオで情報量が違うし、テレビのない人への配慮は??
と不満・・・だらけ。

 1.値段の不満
  まず、
   テレビ+ラジオを持っている人
   テレビのみ持っている人(いるのかなぁ?)
   ラジオのみ持っている人
  で、値段を分ける。 

 2.使われ方の不満
  とりあえず、受信料の使い道を開示。をすべきかな。
 予算の開示ではなく、実際にどう使われたかを。 それを、(多分、新聞社とか、NHKを追いかけている人とかが、)審査する。
 その開示をもとに、不正check・・・。ただ、NHK経営者が真実を開示してくれるかなぁ??という問題は残るけど。
 
 受信料の意義
 個人的に思うのは、「一定基準の放送を傍受するための投資」かな?
 まぁ、「私たちのNHK」にするための寄付金みたいなもの?

問題2:経営
 とりあえず、政府との癒着(があるとおもわれているので)を経営分離しなければ。
 経営者は、やっぱり、NPOなのかなぁ。政府と全く関係の無いことが条件ですよね。
posted by cloud at 23:13| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

NPO

自分は、静岡県PCサポートネットワーク LiNC を取り上げます。

Webページはこちら。


■活動内容
 ○出張講習・サポート
 ○講師派遣
 ○情報インフラ整備をサポート
 ○情報交流
 ○イベント開催
 ○情報発信

■具体的活動
 2月8日
  「メディアと子供たち(携帯電話編)
 主に、保護者に向けて、携帯インターネットサービス&リスクについて説明。

 2月10日
  「子供へのパソコンの与え方」
 インターネットの光と闇について、保護者に解説。


*予定
 「第2回 インストラクターズCafe」

 パソコンインストラクター同士 OR これから目指す人に向けての、情報交流会。まだ詳細未定ですけど。




 気になったのは、保護者のためのインターネット講習会。こういう説明会(勉強会)って、今すごい求められていることだと、cloudは思うのです。デジタルデバイド論で、携帯電話をどういうツールとしてとらえているかというのに、親子間で温度差があることを知ったので、なおさらそう思うのですが。
 親のほうが、インターネットについて、知らない場合が多いんですよね。フィルタリングかけて、有害情報から子供を守らなければならないことが求められているのにも関わらず。

 保護者への、メディア勉強会という意味で、立派な活動をしていらっしゃる、NPOではないでしょうか?
posted by cloud at 23:45| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学教授の評価を下げたいのか?

ちょっと、興味深い記事を見つけた。

確かに、遅刻は良くない。社会へ出ると、日本では時間に遅れてはならないというルールがあるわけで。
遅刻抑止を促すのは教育上必要でしょう。「大学生にもなって、情けない」と言われたら、常に授業遅刻寸前の自分は言い返せないけど。高校では指導されてきたのにねぇ?

とはいえ、罰金を取っていいのか
まぁ、「罰金100円」で払えないわけではないし、欠席扱いになるくらいなら払ってしまうのも分かる。でも、教員が学生の成績を評価するという特権を悪用しているに過ぎないのでは?学生は、基本的に教員に逆らえないし・・・、とりあえず従うしかないわけで。

個人的に、罰金の行方が気になる。罰金の使い道はどうしているんでしょうか?それが、教授の私的利用なら問題がありそうな。。

というのが、感想。


では、どうして、この出来事がニュースになるのか。
最近、ある大学である教授が研究費を不正利用したことが発覚した。その事件報道で、大学教授に対する目が厳しい気がする。
その事件報道による影響が、この出来事をニュースにした原因なのかな?と、自分は思う。つまり、さらに大学教授を非難・バッシングしたい?大学教授を悪者に仕立てあげたいのかな、と自分は思うわけです。

 まぁ、(税金にしても、)研究費にしても、実際に使われているお金の使い道がよくわからない制度が一番問題だと思うんですけどね。審査するにしても、大変なのは分かりますけど、(信頼の置ける審査機関?審査員の給料は?とか)そういう信頼の置ける審査機関の設立が必要なのではないでしょうか、なんて、思ってみたり。
posted by cloud at 22:59| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

ガバナンスについてわかったことと、わからないこと

ガバナンスについて、分かったことと、分からないことに、ついて。。。


@ガバナンスについて分かったこと

 とりあえず、ガバナンスは、「新しい合意形成・意思決定の形」だと思っている。

 この合意形成は、決定の過程に大きな特徴がある。

 今までの、トップダウン式の合意形成・意思決定は、一人 もしくは 限られた小数の権力者 のみが、意思決定に関わることができ、限られた人物の決定が全員の決定とみなされていた。決定の過程に、関係者であっても、その意思決定に関わることは基本的にできない。

 一方、ガバナンスは、関係者全員に合意形成に関わる権限が与えられる。つまり、幅広い意見・少数意見を合意形成・意思決定に反映させることが不可能ではなくなった。

 要するに、ガバナンスは、合意形成までに関係者と話し合いをするという過程をはさむことができる。


 そして、実践するのは非常に難しい。 

 ガバナンス論演習で議論をしたときにしても、電子会議室の事例を知ったときも、成功例は非常に少ない。ただ、まねをするだけでは、ガバナンスによる理想的な合意形成は生まれない。


A分からないこと

 というか、ちょっと意見を伺いたいこと。

 先生方の目から見て、私たち学生が、吉田先生のガバナンス論演習で、上手く合意形成できない原因は何だと思いますか??(私たち学生に足りないものというのでしょうか。) 参加の熱意? 疑う心??(先入観に惑わされて、同じような答えが出揃った回がありましたよね?) 

posted by cloud at 21:44| 静岡 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | ガバナンス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

会社は誰のもの?

ガバナンス論の課題のエントリー。

Theme06:会社は誰のものか
(1) 会社は筆頭株主のもの
(2) 会社は株主全員のもの
(3) 会社は経営者(取締役会あるいはCEO)のもの
(4) 会社はそこで働く従業員(社員)のもの
(5) 会社は社会全体(あるいは市民)のもの


私の考えは、(5)に近いです。
その会社の「関係者」のもの、という方が自分にとってしっくりくる意見。

<会社関係との観点>
 私は、社会全体 or 市民 というのは、株主も、そこで働く従業員&経営者を含むと自分は思っているのです。そして、市民である消費者も、その会社のサービス・商品を消費することで会社に関わっていると、考えられます。
(消費者に、会社を支えているという意識があるかは別ですけど。)
 かといって、社名すら知らない市民が、会社のものと言えるのか。個人的には言えないと思うので、「会社は、市民(会社の関係者)のもの」かな、と思う。

<会社に与えるインパクト>
 もちろん、直接的に働きかけられる力は、筆頭株主が一番強い。
 実行力は、経営者なる責任者が一番強い実行力を持つ。

 とはいえ、他の株主や、従業員、消費者なる市民がボトムアップで、実行者に伝える方法がないわけではない。もちろん、赤尾氏のご指摘(コメント欄)があるとおり、途中で意見が捻り潰される可能性は捨て切れませんが。
 たとえば消費者には、「お客様の声をお聞かせください」という形で経営なり、サービスに口出しすることができる。
 他の株主、従業員は、社長や責任者などの実行者に接しているだけに、直接言うことも難しいかもしれないが、意見を言うことは不可能ではない。
 経営のメインラインを変えることはできないにしても、細やかな部分の会社経営を変えることはできる力を持っている。

 ご指摘があるように、理想論であることは承知しています。とはいえ、会社に関係しているしていることで、会社にインパクトを与えることができるわけです。意識していない、しているに関わらず。インパクトを与えられる会社の構成員・関係者こそ、「会社は自分たちのもの」といえるのではないでしょうか。
だから、私は「会社は、市民(会社の関係者)のもの」だと思います。
posted by cloud at 22:19| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ガバナンス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。