2006年07月07日

ガバナンスについてわかったことと、わからないこと

ガバナンスについて、分かったことと、分からないことに、ついて。。。


@ガバナンスについて分かったこと

 とりあえず、ガバナンスは、「新しい合意形成・意思決定の形」だと思っている。

 この合意形成は、決定の過程に大きな特徴がある。

 今までの、トップダウン式の合意形成・意思決定は、一人 もしくは 限られた小数の権力者 のみが、意思決定に関わることができ、限られた人物の決定が全員の決定とみなされていた。決定の過程に、関係者であっても、その意思決定に関わることは基本的にできない。

 一方、ガバナンスは、関係者全員に合意形成に関わる権限が与えられる。つまり、幅広い意見・少数意見を合意形成・意思決定に反映させることが不可能ではなくなった。

 要するに、ガバナンスは、合意形成までに関係者と話し合いをするという過程をはさむことができる。


 そして、実践するのは非常に難しい。 

 ガバナンス論演習で議論をしたときにしても、電子会議室の事例を知ったときも、成功例は非常に少ない。ただ、まねをするだけでは、ガバナンスによる理想的な合意形成は生まれない。


A分からないこと

 というか、ちょっと意見を伺いたいこと。

 先生方の目から見て、私たち学生が、吉田先生のガバナンス論演習で、上手く合意形成できない原因は何だと思いますか??(私たち学生に足りないものというのでしょうか。) 参加の熱意? 疑う心??(先入観に惑わされて、同じような答えが出揃った回がありましたよね?) 

posted by cloud at 21:44| 静岡 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | ガバナンス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。