2006年07月16日

NHKの経営のあり方

 個人的に、NHKを民営放送にするあり方よりは、今までどおりの受信料による財源による経営で、経営形態を変更する形でNHKのガバナンスのあり方を変えていくのが理想なのかな?と思う。


まず、民営放送化に反対する理由。
 1. NHKにしかできない、しかやらない放送がある
 台風情報、地震情報などの災害情報は、NHKが積極的に報道してくれます。
しかし、民営放送は特定の時間帯にしか放送してくれない。被災地で、ラジオで災害情報を得る場合、ずっと災害情報を提供してくれるNHKのような存在がいると、常に情報を提供してくれるという安心感がありますよね。

 2.視聴率を気にしなくても良い放送をすることができる
 実態はそうでもないみたいですけど・・・。
理想の上では、視聴者配慮の名のもとに、ドキュメンタリーチックなニュースや、勧善懲悪・善悪の二分法による番組になることを避けられるはずなのですが・・・。
などなどなど。民営放送ではないからできる放送ができる。



では、どの様に経営を変えていくのか・・・。
問題1:受信料
 
 高い!!と個人的に思います。
 テレビ&ラジオの家庭、ラジオのみの家庭で同じ受信料というのは不平等!!だし。
 テレビ・ラジオで情報量が違うし、テレビのない人への配慮は??
と不満・・・だらけ。

 1.値段の不満
  まず、
   テレビ+ラジオを持っている人
   テレビのみ持っている人(いるのかなぁ?)
   ラジオのみ持っている人
  で、値段を分ける。 

 2.使われ方の不満
  とりあえず、受信料の使い道を開示。をすべきかな。
 予算の開示ではなく、実際にどう使われたかを。 それを、(多分、新聞社とか、NHKを追いかけている人とかが、)審査する。
 その開示をもとに、不正check・・・。ただ、NHK経営者が真実を開示してくれるかなぁ??という問題は残るけど。
 
 受信料の意義
 個人的に思うのは、「一定基準の放送を傍受するための投資」かな?
 まぁ、「私たちのNHK」にするための寄付金みたいなもの?

問題2:経営
 とりあえず、政府との癒着(があるとおもわれているので)を経営分離しなければ。
 経営者は、やっぱり、NPOなのかなぁ。政府と全く関係の無いことが条件ですよね。
posted by cloud at 23:13| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

NPO

自分は、静岡県PCサポートネットワーク LiNC を取り上げます。

Webページはこちら。


■活動内容
 ○出張講習・サポート
 ○講師派遣
 ○情報インフラ整備をサポート
 ○情報交流
 ○イベント開催
 ○情報発信

■具体的活動
 2月8日
  「メディアと子供たち(携帯電話編)
 主に、保護者に向けて、携帯インターネットサービス&リスクについて説明。

 2月10日
  「子供へのパソコンの与え方」
 インターネットの光と闇について、保護者に解説。


*予定
 「第2回 インストラクターズCafe」

 パソコンインストラクター同士 OR これから目指す人に向けての、情報交流会。まだ詳細未定ですけど。




 気になったのは、保護者のためのインターネット講習会。こういう説明会(勉強会)って、今すごい求められていることだと、cloudは思うのです。デジタルデバイド論で、携帯電話をどういうツールとしてとらえているかというのに、親子間で温度差があることを知ったので、なおさらそう思うのですが。
 親のほうが、インターネットについて、知らない場合が多いんですよね。フィルタリングかけて、有害情報から子供を守らなければならないことが求められているのにも関わらず。

 保護者への、メディア勉強会という意味で、立派な活動をしていらっしゃる、NPOではないでしょうか?
posted by cloud at 23:45| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

パブリックアクセス

 ガバナンス論の課題エントリーですっ。

Q. なぜ、パブリックアクセスが、日本に浸透しないのか。

A.
 1.認知度 
 やっぱり、これが一番の問題。とりあえず、PAを知っている人が、さらに広めようという働きをしないと、認知すらされない。

2.情報リテラシー能力 
 次に、「何を発信するのか」という、“問題発見力”と、“情報構成力”という情報リテラシー能力が、多くの人に浸透していない。日本の教育の問題だと思いますが、あまり鍛える機会がない。

3.積極性 
 最後に、積極的に、PAを活用しようという姿勢があまり浸透していない。受身メディアに慣れているので、なかなか自分たちで情報を積極的に発信するという文化に適応できていない、のかな?
posted by cloud at 13:40| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

パブリックジャーナリズム

題材:livedoorPJニュース
毎日新聞の広告より。
2006年5月29日(金)朝刊第7面・週刊ポスト見出し

パブリックジャーナリスト(PJ)と、既存のジャーナリストで違うところは、「意見の偏り」であると思う。

 既存のジャーナリストが書く記事は、情報源が基本的に同じであるため、書き方は違っても、内容が酷似する。(特に新聞、民法放送)
 また、週刊誌の見出しからは、(題材の広告より)
被害者のすぐ近くにいた犯人は幼い子供をなぜ手にかけたのか
という、ミニ見出しがある。
また、同様の見出しは他の週刊誌にも見られる。
 つまり、既存ジャーナリズムは、かなり(捜査本部側に)意見が偏っていると思われるのである。

 一方、PJは、その危険性を指摘したり、自分の体験に基づいた意見を言えたり、市民の声を代弁するような働きをすることができるのである。

 この意見の偏りは、双方の特徴であると私は思う。

感想:パブリックジャーナリズムは、市民の言葉で、意見を発信できることが一番特異な点であると思う。既存ジャーナリズムでは拾われないニュースや考え・意見を発信する新しいジャーナリズムとして、可能性が未知数あるジャーナリズムであると思った。
posted by cloud at 14:21| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。