2006年07月07日

ガバナンスについてわかったことと、わからないこと

ガバナンスについて、分かったことと、分からないことに、ついて。。。


@ガバナンスについて分かったこと

 とりあえず、ガバナンスは、「新しい合意形成・意思決定の形」だと思っている。

 この合意形成は、決定の過程に大きな特徴がある。

 今までの、トップダウン式の合意形成・意思決定は、一人 もしくは 限られた小数の権力者 のみが、意思決定に関わることができ、限られた人物の決定が全員の決定とみなされていた。決定の過程に、関係者であっても、その意思決定に関わることは基本的にできない。

 一方、ガバナンスは、関係者全員に合意形成に関わる権限が与えられる。つまり、幅広い意見・少数意見を合意形成・意思決定に反映させることが不可能ではなくなった。

 要するに、ガバナンスは、合意形成までに関係者と話し合いをするという過程をはさむことができる。


 そして、実践するのは非常に難しい。 

 ガバナンス論演習で議論をしたときにしても、電子会議室の事例を知ったときも、成功例は非常に少ない。ただ、まねをするだけでは、ガバナンスによる理想的な合意形成は生まれない。


A分からないこと

 というか、ちょっと意見を伺いたいこと。

 先生方の目から見て、私たち学生が、吉田先生のガバナンス論演習で、上手く合意形成できない原因は何だと思いますか??(私たち学生に足りないものというのでしょうか。) 参加の熱意? 疑う心??(先入観に惑わされて、同じような答えが出揃った回がありましたよね?) 

posted by cloud at 21:44| 静岡 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | ガバナンス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

会社は誰のもの?

ガバナンス論の課題のエントリー。

Theme06:会社は誰のものか
(1) 会社は筆頭株主のもの
(2) 会社は株主全員のもの
(3) 会社は経営者(取締役会あるいはCEO)のもの
(4) 会社はそこで働く従業員(社員)のもの
(5) 会社は社会全体(あるいは市民)のもの


私の考えは、(5)に近いです。
その会社の「関係者」のもの、という方が自分にとってしっくりくる意見。

<会社関係との観点>
 私は、社会全体 or 市民 というのは、株主も、そこで働く従業員&経営者を含むと自分は思っているのです。そして、市民である消費者も、その会社のサービス・商品を消費することで会社に関わっていると、考えられます。
(消費者に、会社を支えているという意識があるかは別ですけど。)
 かといって、社名すら知らない市民が、会社のものと言えるのか。個人的には言えないと思うので、「会社は、市民(会社の関係者)のもの」かな、と思う。

<会社に与えるインパクト>
 もちろん、直接的に働きかけられる力は、筆頭株主が一番強い。
 実行力は、経営者なる責任者が一番強い実行力を持つ。

 とはいえ、他の株主や、従業員、消費者なる市民がボトムアップで、実行者に伝える方法がないわけではない。もちろん、赤尾氏のご指摘(コメント欄)があるとおり、途中で意見が捻り潰される可能性は捨て切れませんが。
 たとえば消費者には、「お客様の声をお聞かせください」という形で経営なり、サービスに口出しすることができる。
 他の株主、従業員は、社長や責任者などの実行者に接しているだけに、直接言うことも難しいかもしれないが、意見を言うことは不可能ではない。
 経営のメインラインを変えることはできないにしても、細やかな部分の会社経営を変えることはできる力を持っている。

 ご指摘があるように、理想論であることは承知しています。とはいえ、会社に関係しているしていることで、会社にインパクトを与えることができるわけです。意識していない、しているに関わらず。インパクトを与えられる会社の構成員・関係者こそ、「会社は自分たちのもの」といえるのではないでしょうか。
だから、私は「会社は、市民(会社の関係者)のもの」だと思います。
posted by cloud at 22:19| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ガバナンス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。