2006年06月27日

パブリックアクセス

 ガバナンス論の課題エントリーですっ。

Q. なぜ、パブリックアクセスが、日本に浸透しないのか。

A.
 1.認知度 
 やっぱり、これが一番の問題。とりあえず、PAを知っている人が、さらに広めようという働きをしないと、認知すらされない。

2.情報リテラシー能力 
 次に、「何を発信するのか」という、“問題発見力”と、“情報構成力”という情報リテラシー能力が、多くの人に浸透していない。日本の教育の問題だと思いますが、あまり鍛える機会がない。

3.積極性 
 最後に、積極的に、PAを活用しようという姿勢があまり浸透していない。受身メディアに慣れているので、なかなか自分たちで情報を積極的に発信するという文化に適応できていない、のかな?
posted by cloud at 13:40| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

パブリックジャーナリズム

題材:livedoorPJニュース
毎日新聞の広告より。
2006年5月29日(金)朝刊第7面・週刊ポスト見出し

パブリックジャーナリスト(PJ)と、既存のジャーナリストで違うところは、「意見の偏り」であると思う。

 既存のジャーナリストが書く記事は、情報源が基本的に同じであるため、書き方は違っても、内容が酷似する。(特に新聞、民法放送)
 また、週刊誌の見出しからは、(題材の広告より)
被害者のすぐ近くにいた犯人は幼い子供をなぜ手にかけたのか
という、ミニ見出しがある。
また、同様の見出しは他の週刊誌にも見られる。
 つまり、既存ジャーナリズムは、かなり(捜査本部側に)意見が偏っていると思われるのである。

 一方、PJは、その危険性を指摘したり、自分の体験に基づいた意見を言えたり、市民の声を代弁するような働きをすることができるのである。

 この意見の偏りは、双方の特徴であると私は思う。

感想:パブリックジャーナリズムは、市民の言葉で、意見を発信できることが一番特異な点であると思う。既存ジャーナリズムでは拾われないニュースや考え・意見を発信する新しいジャーナリズムとして、可能性が未知数あるジャーナリズムであると思った。
posted by cloud at 14:21| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

新聞の娯楽。

ちょっと、ブレイクエントリー。

水曜日に数独をやっているcloud。
毎日新聞は娯楽に富んでいる所為か
色々なものにハマり始めて危ない。

1.スリザーリンク
スリザーリンクが何かはこちらから
有名でない気がするので、リンク貼っておきます。

 かつて、実家にいた頃やってみたが、意味不明だったこのパズル。
大学に入学して、毎日新聞を購読し始めて、チャレンジして数回。

 悟りが開けた。
毎週日曜日。なんかやってしまう。


2.クロスワードなど。

 などって…。
 など、なんです。

金曜夕刊、特大クロスワード&なぞなぞ&四字熟語などなどの、娯楽の祭典が催される。メインは、クロスワード。いろんな、娯楽盛りだくさん。

週末は危険です。


 他紙を見ると、漫画が載ってたり(四コマ漫画だけでなく。)、おなじみクロスワードが載ってたり、迷路が載ってたり、漢字クイズなるものが載ってたり、等々…。

 クイズなどの娯楽は、購読者を増やすための、新聞社の工夫(知恵)ですか??
posted by cloud at 21:48| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

レポートが終わらない(TT)

レポートが終わらない・・・。

本当に終わらない

ブログも更新が滞っていたので、
今日は、やや愚痴日記
そして、少しでもこころの憂さを晴らしたい・・・。


1、ガバナンス論演習。
本当に、5月が31日まであってよかったとしみじみ思う。
5月末までというのには、やや感謝。
でも、終わらないガバナンス論演習・・・。

そういえば、吉田教員の物置きが微妙なことになっていた。
リンクがむき出しというのか・・・
なんか、演習3回目のPPが見れなかったり・・・
吉田教員も疲れているのかな???(30日18時43分現在)


2、応用プログラミング
 全く手をつけておりません。
それはもうまったく。

授業中は、練習問題で手一杯。
RPまで頭が(起きてなくて)回らなかった。

今日明日は、徹夜かなぁ・・・。
いいさ。木曜日は休みだ
やることが多すぎて素直に喜べない。
死ぬ気でやれば人間できる!!!


3、情報倫理と法
手をつけてません。
友達と少し話し合ってた。

論点が違いますよ、とひどい点数をもらいそうな気が・・・。
(必修授業ですが・・・^^;)

小テスト、中間レポート、期末試験の比率は、
いつ教えてもらえるのかな・・・?
中間レポートの採点が終わった頃かな・・????
小テストの比重を重くして欲しいと思うcloud。
他の人は、やめて欲しかったり!?


などなど、かききれないほどあるわけです。
論点がずれているのは、心が重くて論理的に考えられないから。
おそらく中間地点である今が、
第一次レポート戦争。(なんだそりゃ。)
つまり、レポートが溜まる時期ということです。

レポートは、IDの宿命ですね。
テストよりも、レポート評価の授業が多い。

とてつもなく心が重たいです。
こんなにもレポート&課題があるのだもの・・・。
辛いったらありゃしない。

まずは、提出期限が迫っているレポート&必修レポートから
優先順位をつけて書いていかないとなぁ・・・。
よし!!まずはガバナンス論演習だっ!!!
posted by cloud at 19:08| 静岡 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

野菜高騰の危機

共同通信のニュース。
日照不足で、きゅうりが値上がりするらしい。
他の野菜も値上がりするらしい。

<日照不足は、女性の肌には優しいが、野菜には厳しい>
野菜好きのcloudに襲いかかる恐怖・・・。

あぁ、またキャベツが400円になる時代が来るのか・・・!?

生協でも、添えの野菜が変わるんだろか・・・。
(滅多に頼まないから、まあいっか)

値上げのニュースを聞くたび毎回思うのだけれど、
絶対にどこのスーパーも被害を受けないであろう野菜まで
値上げするよね!!(`´)
いつもそうだ。
お客様に優しいスーパーですということを言いつつも、
他の野菜を便乗値上げしているんだぁ!!<`〜´>
と、感じる


この発言は偏見か!?真実か!?
もちろん、経済活動を支える上で、
仕方のない値上げもあるであるであろう。
でも、なんかなぁぁぁぁ。

とにかく、旬になる野菜(きゅうり、トマト)が
これ以上高くならないことを祈る・・・。
posted by cloud at 19:54| 静岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

最近のハマリもの

授業で脅されて新聞をとり始めたcloud。
川柳と四コマ漫画が好きで、毎日新聞を取ってみた。

なにやら、よく見ると
水曜日朝刊にお楽しみがついている・・・。

数独」というらしい。

やってみた・・・。

Σ('0'*)ハッ!
面白いかも・・・。

数学嫌いのcloud
意外とできる!!!!「数独」

皆さんもどうですかぁ?
数独、意外とおもしろいですよ。(⌒∇⌒)オススメですv
posted by cloud at 18:27| 静岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

デジタルデバイド論を1年後期に

久々に、プログラム制についてのエントリーです。
赤尾氏のエントリー(カリキュラム変更に伴う、共通科目の比重の低下のために、1年次の専門科目の配当を考える)にコメントしたとおり、
1年生の後期に、デジタルデバイド論を開講してはどうでしょうか。

なぜ、後期なのか。
1.レポート・・・
許山先生曰く、
レポートに関しては、日本語表現法の技術が必要になる。

 もちろん、レポート自体が日本語表現法の技術と密接にかかわっているので、デジタルデバイド論特有の理由にはならないのは確かですけど。
でも、日本語表現法の後のほうが、いいのかなぁと思う。少なくとも、剽窃だらけのレポートを見ることはないであろうから。
 

2.内容
 高校時代に、受験勉強に専念するあまり、(情報)社会について
勉強してこなかったひとが、いきなり、
「あなたの身の回りにあるさまざまな情報媒体のうち、もっとも幅広く普及していると思われるものを一つ、普及に偏りがあると思われるものを一つとりあげ、なぜそうなのか、また、その結果、どのような問題が発生しているのかを具体的に論じなさい。」
 OR
「浜松は外国人の比率が高い地域である。そのために様々な問題も発生している。その問題を解決するために、ITが適していると思われる問題を一つ、適していないと思われる問題を一つとりあげ、なぜそう思われるのか、今後、外国人との共生のためにどのような対策が最も適切かを具体的に論じなさい。」
<注:今回の課題です>

 という課題を6月下旬までにこなすことができるのか。
 問題の意味も分からない可能性も否定できない。
<だから前期はやめたほうが良いと思う>

 また、せっかく前期に「情報学概論T」があるのだから、
情報社会の輪郭を理解してから、ではそれに関する問題(特に情報格差)
について考えていくほうがいい気がします。
 つまり、情報学概論T(情報社会の輪郭をある程度理解している『はず』なので)後のほうがベターかな、と。

 それに、情報社会に関する問題は、絶対に2年生の前期である必要はないと思います。
 前提となる知識は、情報学概論Tで得ているはずですし、社会システム論などの、1年後期のID必修科目と密接に関連しているかというと、そうでもない。

 というわけで、1年後期に「デジタルデバイド論」があってもいいかな、と。
posted by cloud at 19:25| 静岡 ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | プログラム制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リベンジ・・・

高校時代に初級シスアドを受けたcloud
合格して(しまって)、調子に乗って
プログラム言語をよく理解しないで
基本情報技術者試験に挑戦!!!

不合格。(:_;)くすん

午後問にやられたぁっ!!!
擬似言語わけわからん
プログラミングがぁぁぁぁぁ
間違えた数のほうが多かった・・・。)

それに、高校時代は、ある意味孤独な勉強。
友達(同級生)が一緒に勉強してたら、違う結果になったのかなぁ。

さて、現在。
応用プログラミングもやっとポインタに入った。
まだ、構造体も後に控えている。
(基本情報は最低でも、
構造体&ポインタが分からないといけないみたい)

後期試験に向けて、準備は整いつつある。
今年の10月。いざ、C言語でリベンジ!!!

勉強会の呼びかけ
posted by cloud at 18:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

野菜の悲劇

久々の更新です。

今回は、野菜が危ない!!!

最近、非常に野菜が高い
いつしかの、野菜高騰期に逆戻りとまではいかないが、
なにやら最近非常に高い印象を持ちます。
こんな意見を持っているのは自分だけ??
GWに安売りセールしないかなぁ・・・

単品野菜が高いので、まとめ買いをし始めた自分。
見切り品も利用しつつ・・・。
そして、使うときはちみちみ使うわけです。

最近買った野菜たちに危機が襲う。


さつまいも。(見切り品でした)

みどりのカビが・・・・・。
Σ(='□'=)ありえない

初めて見ました。サツマイモにカビが・・・・。
食べれないと判断した部分は捨てて、
食べれそうな部分だけ速攻で食べました。
翌日、少しおなかを壊しました。
原因はこいつか?

自分はサツマイモに嫌われている気がする・・・・。
前も失敗した。
電子レンジでふかし芋らしきものを作ろうとしたら
煙発生
煙い、食べれない、炭化しているぅぅぅぅ。
何がいけないんだ!!!!


レタス (安かったけどさぁ)

中が黒ずんで変色
葉っぱが赤く変色

何が原因でこんなに変色するのだろう。
確かに、ちみちみちみちみ食べてたよぉ。
だからって・・・変色しすぎ!!(TT)
昨日食べきりました。
変色した部分は捨てましたけど。

ずっと前に大量購入したたまねぎは、
まだ大丈夫なのになぁ・・・。

ともかくも。
安い野菜はお早めにお召し上がりくださいね。
posted by cloud at 13:41| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

情報学概論Uの授業内容について

とても長くなったので、結論を書きます。<追記に記載>
・授業中は、研究室紹介をすべきである
・しかし、CSプログラムの説明もすべき。

そして、ブログ内でトラバした方のも実現して欲しい。
座学・演習型の授業とか、2・3年生の授業見学も。



体験版授業の提案から数日が経った。

赤尾晃一氏は、情報学概論Uの内容の改正を唱え
それに続き、情報学概論Uに思うことを述べる
ブログが多々現れた。もちろん、
以前からも指摘する声はあったけれど。

概論Uの内容見直しのきっかけは
赤尾晃一氏であろう。
そこから、劇的に概論Uの内容見直し運動が
繰り広げられている印象を持つ。
 赤尾晃一氏は、軽微な変更で済む情報学概論Uのシラバスの見直し
提案している、と要約力のないcloudは思った。

その後、

sakuraamerica1さんは、最後のほうに工学部と同様に、
2,3年生の授業の見学を、
情報学概論Uの授業で出来たらいい、
と述べていた。

また、かげぼうしさんは、情報学概論の授業の中で、
情社・情科の内容を変更してもかまわないので、
座学・演習型の模擬授業をするように変更すべきだと述べています。

最近の近況報告でした。
本文へ
posted by cloud at 21:11| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | プログラム制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。